中学校3年生ダディの気掛かりが、言わば青春なんだけど、くだならい。

我々の経営する予備校に通ってくれている大学生たちのお話だ。
昨日の講習に来たD中学生の3年生父親、I君ってN君とS君。S君が教室に入ってきた時、あまりに意欲が無かったんです。ダグアウトにたどり着くなり「はあぁ〜〜。」っと、濃い大息をつきました。
我々が「S、どうした!?」って尋ねると
S「友達が両人だらけになってきてて・・・。一切リア充ばっかりで。はあぁ〜。」
I・N「ですはははははは!!!」
我々「くだらねぇ!!」
S「笑いごとじゃないんですよ。何もやる気が起きない。」
I「それでも、お前モテるよね。」
N「そんなに!これ、本当はモテるんですよ。」
我々「へぇ!モテるんならイイじゃん。意欲出せよ。」
S「モテてるワケじゃないんです。彼氏ができない感じのモテ人間みたいな。彼氏ほしい・・・。」
I「否、お前がコクったら、結構イケるというよ!」
我々「ほぉ、それだけ。で、彼氏できたとして、どうなるの!?」
S「毎日がおもしろい筈!寝起きから『己には彼氏がいる!』ってすっぱり起きるというんです。」
N「ぶはははは!」
S「彼氏と同じ高校生に行くために訓練手掛ける!みたいな。」
我々「くだらねぇ!。それでもSの気持ちはわかった。というワケで、〇〇高校生にたどり着けるくらいの偏差収穫のマミーに、あした中に告白して来い。」
S「何が『というワケで』ですか!?理不尽言いますね・・・。」
I・F「ですはははははは!」
S「訓練って苦労で頑張れるけど、ロマンスって苦労じゃ乗り越えられませんよね。」
N「何かしゃべりだしたよ。」
我々「ロマンスで悩んだことが無い!」
Sは頭をかかえて「うわぁ!言ってみてぇ!!」
I・N「あはははは!腹筋が痛ぇ!!」
我々「因みに訓練も悩んだことは無い。」
S・I・N「あぁぁ!!特質スペックが違う!異なり通り抜けるぅ〜!!」
非常に仲の良い3人組だ。足脱毛

都内の悪徳団体を辞めて大阪に出た成績・・・・・。

身は過去に都内の身の回りが嫌で大阪にリュックとボストン裏手二つとほんの僅かな預金を持って飛び込んです事があります。
その当時、都内で務めていた社が超が張り付くほどの悪徳会社で休日が真実無し・あっても2太陽それも急性呼出にも必ず対応しないといけませんでしたので
おんなじ東京にある自宅に舞い戻ることすらできませんでした。
金額は真実何階層いようがどんなに就労しようが13万円、勿論車代は無し保険も無しおまけに月間2万円の本人の着想関係なく貯えという形で引かれてましたし、
それは辞めたら社に納品という謎の法律がありました。
身はそこに通年いましたが本当なら最初の数か月で辞めたかったのですが、どうも辞めさせて買えず完了も労勤に丸投げし決して止めるよに退社しました。
その時預金含めて所持金が15万ほんのり、金額は来月に何やかや引かれ3、4万ほんのりしかはいらないので一旦アパートをは借りれないので
前にネットでみた大阪のドヤの付きを思い起こし丸ごと勢いで高速バスで大阪西成に向かいました。
はじめ泊1100円の4、5畳ほどの味わうかんにテレビ、布団、狭い飯台、冷蔵庫、ぼろいクーラーが居残るルームを借り生活してました。
さすがにお金がないのでウィークデイの5日間は港湾の近くの倉庫でアルバイトをしていました。
前より情況が一心に面白く生活していました。
そして通年半たった今新たなる身の回りを取り掛かりいます。http://xn--eckrh3f3cub8dycuar9db0j.xyz