大森房吉やウェゲナーなどについて勉強した

実習をしました。1894時期に、大森房吉(和風)が余震人数の減少に関する外見をつくりました。1899時期に、大森房吉(和風)が最初微動後任チャンス(P-Sチャンス)と震源隔たりの系を考えました。1902時期にケネリー(USA)、ヘビ存在(英)が電離層を提唱しました。1905時期に、ヘルツシュプルング(デンマーク)が重鎮・矮星の内訳をしました。1907時期に、ボルトウッド(英)がウラン鉱物内の鉛の体積により照射性年頃の測定を考えました。1909時期に、モホロビチッチ(クロアチア)が地殻・マントル境界の認識をしました。1912時期に、ウェゲナー(ドイツ)が大陸運行定理の提唱をしました。1913時期に、ラッセル(USA)がHRチャートの構成をしました。1924時期に、ダート(南アフリカ)がアウストラロピテクスの化石を発見しました。このようなことを覚えましたが、知らないことがほとんどだったので、だいぶ勉強になりました。http://www.kukoo.co/